スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文教経済委員会行政視察

文教経済委員会行政視察に来ています。
今日から二日間で、奈良県生駒市における、遊休農地活用事業について、大阪府吹田市の産業振興条例について、箕面市 萱野小学校でのフューチャースクール推進事業についてという内容です。

今日は、奈良県生駒市の遊休農地活用事業について、行政視察を行いましたが、非常に興味深いものでした。
同市は、2005年の農林業センサスで全農地に占める耕作放棄地の面積割合22,2%で、全国平均の9,7%と比べると2倍以上と高く、問題になっていたとのこと。
この事業は、市が農家から管理できない農地を無償で借り受け、耕作希望者に無償で貸し出す「遊休農地対策活用事業」というものです。
生駒市の事業の特徴は、市が農地の提供者と、耕作希望者の調整役を担うこと。2009年10月に始め、昨年12月までに117人が利用し、2,5ヘクタールの農地が活用されたそうです。市が農地の調整役、仲介をする形なので提供者は安心して貸し出せることや、耕作希望者も無償で借りられ、普及指導員に相談できるというメリットがあります。

農地提供者を対象にアンケートを行ったところ、8割以上が事業には「満足している」と回答し、契約を続けたいというものであったそうですが、一方で、利用者が「のり面に木を植えてしまう」「勝手に水を引いてくる」などの意見も出され、今後の課題となっているようです。
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

なかせこ初美

Author:なかせこ初美
松阪市議会に新しい風を

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
since 2009.06.08

なかせこはつみ【松阪市 中瀬古初美

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。