スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆめの樹通りカウントダウン,そして東北地方では・・

DVC00071.jpg

平生町商店街主催、松阪駅前商店街連合会・花梨の会共催の「夢の樹通りカウントダウン」が開催され、
年越しそばの振る舞いのお手伝いに行ってきました。
21時集合、設営、その後22時過ぎから振る舞いのスタート。少しずつ人出があり、年越しぞばを皆さんにいただいてもらいます。

DVC00075.jpg

沖縄民謡のライブ、チャリティー募金にもご協力いただきながら、どんどん人出も多くなり盛況になってきました。

DVC00072.jpg

今年は、風のない暖かい年末だったせいか、賑やかな中でのカウントダウンとなりました。

DVC00076.jpg

東北地方では、年神様をお迎えするための「年取り膳」を今も大切にしているそうです。
「月の満ち欠けによる旧暦が使われていた明治時代の初期まで、一日の始まりは日没でした。すなわち大晦日の日没が元旦というわけです。年取り膳を年神様にお供えし、昨年を無事に過ごせたことへの感謝や新年の豊穣と繁栄を願い家族で頂く年取りの慣わしを受け継ぎ、次世代に伝えてゆきたい。」・・・東北地方の慣わしだそうです。

陸前高田市や石巻市を何度か訪れ、そこで親しくなった東北の方々があります。被災され、語り尽くせない、想像を絶する体験をされた方々、それでも私たちをあたたかく迎え入れてくれた方々、これからの季節この寒さを思うと非常に重いものを感じます。

とても親しくなった方と電話でお話をしました。そのときに、「年取りにね・・年取りってわかる?こっちではね、大晦日のことを年取りって言うんだよ。それでね、年取りには、ごちそうを食べながら、家族みんなが一年を振り返って、今年の十大ニュースを言うんだ。そのときね、中瀬古さんたちに出会ったことがきっと出るよ。重大ニュースだもんねえ。第二の故郷だと思ってね、また来てよ。ただいま!ってね。」

相子さんというおばあちゃんが、そう言ってくれました。笑顔のすてきな、本当に優しい、穏やかな方です。
訪れた私たちが癒やされる、本当にあったかい方です。また、お嫁さんもすてきな方で、私がとても大切にしようと思った言葉「大事なものは手を離しちゃいけないんだよ。」そう言って姪っ子さんの手をずっと握っていたその光景が、今も私の脳裏を離れません。

このご一家は、どのように年を越されるのか、そして、他の皆様方は・・どうか、よいお年を・・。


スポンサーサイト
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

なかせこ初美

Author:なかせこ初美
松阪市議会に新しい風を

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
since 2009.06.08

なかせこはつみ【松阪市 中瀬古初美

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。