スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回議会改革検討委員会

第5回議会改革検討委員会が開催されました。

各議員から提案された改革事項を各項目について検討しています。

(14)正副議長選挙のあり方
 ①立候補制を基本とし、所信表明演説を経て選挙を実施。
 ②密室で会派同士が「当選者」を内定するやり方を禁止し、立候補制とし、公示期間と、市民にも開かれた公開討論会(ケーブルテレビ、インターネット中継も)実施する。
(15 議長による議会招集
 ①議長による議会招集請求権を積極的に行使
(16)政策討論会
 ①議員相互間の自由討議による討論会の実施
(17)議員間討論のあり方
(18)質疑・質問のあり方
 ①議案質疑は質疑に限り、議員の個人的な意見提案の場ではないことを明確にする。
 ②質疑、一般質問に対し質問項目が多岐にわたる場合は、総括は全体の頭出しだけとし、1項目ごとの質問とする。
 ③議案に関することは一般質問できないことになっているが、そうなっていないことがある。議案質疑の終わりに「続きは一般質問で・・」という発言もあるが、まさしく、これは、議案に関する項目を一般質問していることではないか。
等々。

そして、今回、議会改革検討委員会として、できることから速やかに実行していくことが重要であると考え、2つの議会改革事項を提言することになりました。
6月定例会から実施するよう、議会運営委員・「市議会だより」編集委員会に提言を提出します。
提言① 採決にあたっての賛否について、議員氏名の公表
 議員としての議案等に対する賛否の重要性や説明責任を再認識する上で必要である。
 公表方法として、「市議会だより」に掲載を提案。現在、三重県内で議会だよりへの氏名の掲載は、津市、伊賀市、 名張 市、亀山市、いなべ市の5市で実施されているとのことでした。 

提言② 本会議における議会事務局職員による議案等の朗読の省略 
 現在、本会議で行われている議会事務局職員の朗読については、提案説明と重複しており、時間を費やし議事進行の 効率化を図るため省略を提言する。県内他市において、朗読を実施しているところはないそうです。
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

なかせこ初美

Author:なかせこ初美
松阪市議会に新しい風を

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
since 2009.06.08

なかせこはつみ【松阪市 中瀬古初美

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。