スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境福祉委員会協議会

本日、環境福祉委員会協議会が開催されました。
主な議案として、
主な議案
1、三重県RDF運営協議会並びに香肌奥伊勢資源化広域連合の状況について

 運営協議会では、あり方検討作業部会の方向性として、①29年度以降のRDF焼却・発電事業への参画は、県内5製造団体、13市町で継続 ②29年度以降の継続期間については、4年程度が2団体と10年以上が3団体で団体の意向を踏まえ早急に結論を出す。③引き続き検討



香肌奥伊勢資源化広域連合について、
1)松阪市としてのごみ処理の意向
  平成26年度ごみ処理場の完成を見込み、平成27年度から新工場で全市域のごみ処理一元化を進める方向の中で、香 肌奥伊勢資源化広域連合からは地元協定の満了期限到達後、平成33年度から離脱する予定。

2)松阪市の分担金
  平成22年度は2億2745万2千円
  経常経費1億3773万9千円の内訳
     定率割20% 26,6861千円
     人口割30% 45,4191千円
     利用割50% 65,6341千円

2、ごみ処理基盤施設建設事業計画について
施設選定については、「松阪市ごみ処理施設建設検討委員会」を設置し、市民との協働体制の中、総合的な観点から検討をする。当委員会から本件検討にあたっての基本的な考え方や優先して配慮すべき事項等の提言を受け、これを尊重しつつ検討を深めて処理方式を決定をする。災害時についても受け入れ等、規模の話、溶融も含めいろんな状況の中で、検討をしていくということであった。

  施設規模については、①計画年間日平均処理量 ②実稼働率 ③調整稼働率 の条件より、算定すると、1日181トン(将来的なごみ予測)で、平成27年から全市一元化するとなれば、188トン(旧町分7トン程度多くなる)と予測されている。






スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

なかせこ初美

Author:なかせこ初美
松阪市議会に新しい風を

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
since 2009.06.08

なかせこはつみ【松阪市 中瀬古初美

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。